自動車オークション相場の仕組み-買取業者が必ず儲かるワケ

買えば儲かる低リスクビジネス

車買取は市場の相場情報を参考に買えば必ず儲かる金額で査定額を算出しています。
多くの業者が参考指標にしているのは業者用オークションで非常に精度が高いため、意図せずに赤字買取をしてしまう事はほとんどありません。

業者用オークションとは

常時1万台以上が流通する中古車オークション

業者専用の会員制オートオークションが全国各地にあります。
有名なのは、千葉県野田市にあるUSS東京会場で週1回の開催で常時1万台以上の中古車が出品されています。
業者の買取した車の再販方法は業者用オークションの出品と自社販売、業販などがあります。

いずれの再販方法を取るにしても必ず業者用オークション相場を参考にしています。
なぜなら、業者用オークション相場より高く個人から買取すれば、そもそも業者用オークションで仕入れた方が手軽に任意の車が手に入るからです。
逆に業者用オークション相場より安く個人から仕入れておけば、店頭展示して売れなかったらオークション出品で処分する事ができますし、買取後にすぐに出品すれば想定通りの利益が得られ在庫回転率が早くなります。

業者オークションの相場は精度が高い

業者用オークションは全国で月に数十万台単位の車が取引されています。
さらに業者は会員制のオークションネットサービスにログインする事で全国のオークション落札価格を随時確認する事ができます。
業者用オークションの落札価格は主に以下の情報で決まっています。

車種
グレード

年式
走行距離
修復歴の有無
外装評価点
内装評価点

外装と内装の評価点はオークション会場の査定員が鑑定して採点しています。
一般的な個人を相手にした買取専門店の査定士とは違い買い手も売り手もプロの業者によるオークションなので、オークション会場の査定員は教育されていて、非常に精度の高い鑑定を行います。

中古車買取業者は、査定依頼を受けた車の情報と想定される内外装の評価点で似た条件のオークション落札履歴がないか探します。
大衆車であれば、直近1ヶ月以内の落札情報で複数件(多い場合は数十件)の情報が出てきます。
オークションの買い手も必ず全国のオークション相場を参考にしているので、必然的に条件が同じなら、同等の金額で落札される見込みが高いです。

もし、他のオークションでの落札データより極端に安い金額までしか入札が入らない場合は、出品者が最低落札価格の設定でその回は売らずに見送る事もできますし、安ければ転売(オークション転売含む)目的で買おうとする需要が出てきます。
つまり、出品した車は、その車を探していた業者がいるかは関係なしに、相場の水準までは高確率で入札が入ります。
そのため、車買取は業者用オークションの落札相場より安く買えば必ず儲かる仕組みになっているのです。

買取相場と業者用オークション相場の関係

買取相場とオークション相場の関係

車買取は業者用オークション相場から15万円前後安い価格を査定価格にする事が多いです。
業者用オークションに出品するには、会場への手数料(出品+落札で2万円前後)と会場への陸送費が掛かります。

そのため、利益も含めて最低でも15万円程を差し引いた金額でないと採算が合わなくなってしまいます。
買取する車の価格帯や業者によっては30万円~40万円以上オークション相場より安く個人から買取している場合もあります。

個人のオークション出品はリスクが大きい

車買取業者の査定価格より業者用オークションの落札相場が高いのであれば、買取業者を通さずにオークションに出した方が有利と考える方が多いです。
しかし、個人が業者用オークションに出品するには、代行業者を利用して手数料も払わないといけません。

また、会場への陸送の手間やコスト、売れなかった時の手数料損失のリスクがあります。
車買取の専門会社は、出品台数が多いので陸送コストを安く抑えられますし、代行業者の手数料も不要です。

なにより、台数が多ければ、一部でイレギュラーな事態(希望価格で売れなかったり、想定以上に評価点が低いなど)がおこっても、他の車の利益でカバーできます。
当然、個人でも業者用オークションに出品すれば、代行業者の手数料を含めて、買取業者に売るより高く売れる可能性があります。
しかし個人が愛車を1台だけ高い手数料を払って出品する行為は、リターンに対してリスクの方が高いのが実情です。