車個人売買の注意点-トラブルが絶えないヤフオクや掲示板

個人売買の注意点とリスク

近年はヤフオクなどを利用して個人売買で車を売る人が増えています。
個人売買は直接エンドユーザーに売れるので、業者の買取価格より高く売れる可能性があります。
しかし、車の売買を個人同士で行うとトラブルに発展する可能性が高く、個人売買のために費やした労力を売却価格で回収できない場合があります。
個人売買に挑戦するのは悪いことではありませんが、注意点やリスクを必ず認識しておきましょう。

車売買のノウハウ満載コラム

個人売買の注意点は次のものがあります。

出品や現車確認対応、アフターケアなど手間がかかる
買い手がスムーズに名義変更してもらえない場合がある
値引き交渉やクレームが多い
結果的に安く売ってしまう方が多い

個人売買は車のことに詳しい方にはオススメですが、初心者が誰でも簡単に高く売れるものではありません。
よくある失敗事例を含めて、注意点や個人売買で車を高く売るコツを紹介します。

まずは業者の一括査定を利用する

個人売買で車を売る時に重要なのが価格設定です。
車買取業者に売却した場合、車の引き取りから買取額の支払い、名義変更までスムーズに全て業者が対応してくれます。
個人売買は、手間やリスクが多いので業者に車を売るより高値で売らないと意味がありません。

しかし、売り手が個人で保証や整備もない現状受け渡しの条件では中古車販売店の店頭小売価格のような値段では買い手はつきません。
個人売買の価格設定は買取業者の最高値から10%上乗せした金額がオススメです。

よく、ディーラー下取など限られた業者の査定だけ取って、個人売買の価格設定を決めてしまう場合があります。
たとえばディーラー下取の査定が70万円だったケースで、個人売買で80万円で売れた場合、10万円得したと喜びます。
しかし、実際には高価買取をする優良業者を利用すれば80万円で買取してもらえる車だった可能性があります。

もし、80万円で買取してくれる業者があるのに、同じ値段で個人売買を利用したら手間やリスクが損失になります。
優良業者では、ヤフオクの落札相場に近い高価買取をしてくれる場合もあります。
まずは買取業者の最高額を把握してから、個人売買の利用を検討しましょう。

個人売買は売れる保証がない

個人売買は価格設定にもよりますが、出品すれば必ず売れる訳ではありません。
次の車の納車日などの予定がある場合は、早期売却するために価格を下げる必要性も出てきます。
個人売買の失敗事例では、価格設定が高すぎて長期在庫になってしまうことがよくあります。

ヤフオクなどのオークションを利用した場合は出品手数料が発生しますが、何よりも時間が経過すると車の価値が下がるリスクが発生します。
特に車検が残っている車や高年式車売却時期がズレるだけで、査定額が数万円単位で下落する場合があります。
買い手を探すために時間を要した結果、業者に売るのとあまり変わらない価格で買い叩かれたり、再度業者に相談して個人売買利用前よりも安い査定額で売ってしまう事例がよくあります。

個人売買でよくあるトラブル事例

買い手と音信不通になる
購入が決まってから値引き交渉される
名義変更をしてくれない
受け渡し後にクレームが来る

個人売買は買い手が個人のため、業者に売るのとは違い、思い通りに取引が進まないことがよくあります。
特にヤフオクや掲示板などネットで買い手を探すとクレーマーに当たる可能性があります。
実際に私のまわりでも個人売買で大きなトラブルになって苦労した方が多数います。
ヤフオクの落札相場と買取業者の限界価格を比較すると、リスクに見合ったリターンが少ないと私は感じます。

直接の知人への売却も難しい

直接の知人や紹介で買い手を見つける個人売買は、トラブルリスクが少ないです。
ただし、価格設定が非常に難しく、知人だからこそ高く売りづらいデメリットがあります。

直接、高い金額で商談成立した場合でも、共通の知人などから高すぎると外野からイチャモンが入る場合もあります。
直接クレームが来なくても、まわりから「知人に高く売りつけた」などと悪い評判が広まってしまうこともあります。
こうした、買い手の価格面の満足度を考慮して、業者に売るのと同等もしくは安い価格で売ってしまう事例が多いです。