一括査定での電話応対は必須!?電話営業する理由と上手な回避法

非常に億劫な電話対応

電話対応に嫌気が差している男性

「車を高く売りたいけど、一括査定を利用して業者から電話がかかってくるのは嫌だ」
「一括査定で電話がかかってこないサイトや方法はないのか?」

このような意見や相談をよくいただきます。

しかし残念ながら誠意のある査定価格を電話やメールで事前提示してもらうには電話連絡は必ず必要なことです。
買取業者が申込者に対して電話するのは営業目的だけではなく、本人確認の意味があることを理解しましょう。

一括査定で業者が電話をかける理由

電話をかける最大の目的は、イタズラや偽り情報ではないことを見極めるための本人確認です。

出張査定や店頭査定の予約で時間を割いたのに、依頼者が予定をすっぽかしたり、そもそも偽りの住所や電話番号を入力していて無駄足を運んでしまうことはよくあります。
ネット申込の依頼者の場合は、電話連絡をして申込意思を確認することで業者はイタズラ被害にあうリスクを減らせます。

限界価格は信頼できる客にしか提示しない

車の査定価格には次の種類があります。

概算相場
申込情報で得たデータから算出した、赤字すれすれの限界相場
現車査定をして提示する最終価格

概算価格だけなら、わざわざ一括査定を利用しなくても、個人情報不要で相場を調べられるツールが多数あります。
しかし、簡単に閲覧できる買取相場は信ぴょう性が低く中身があるものではありません。

一括査定から申込を受けた業者は、他社と比較されることが分かっているので、事前提示や相談でなるべく好条件を提示したいものです。
しかし、むやみに限界価格をバラまく行為は、結果的に「あの業者は事前提示が現車査定で金額が全然違う」と言われたり、うまくいけば利益をたくさん取れるお客が取れなくなる問題が発生します。

赤字スレスレの限界価格で買取できる仕組みは、台数をこなすことで爆益車に当たる確率が増えて赤字や薄利で買取した車もカバーできるからです。

一括査定を経由して申込をした時点で、業者は安く買取するのが難しいと理解しますが、だからといって無条件で好条件を提示する行為はイタズラにひっかかったり他社との交渉材料に利用されるなどのリスクがあります。
そのため、一度電話で申込意思を確認して、信頼できそうと判断したお客のみに事前に中身のある査定相場を提示しています。

余談ですが、買取業者の営業スタッフの立場から見て、ネット申込があって相場を提示する段階で店長や上司に高価買取の相談をして、事前にある程度の好条件を提示したとします。
その後、お客と連絡が途絶えて現車査定にまで結びつかなかった場合は、ものすごく怒られます。

電話営業を回避する方法

渋々電話に出る男性

一括査定に申込をしてかかってくる電話では、長々と電話営業をしてくる業者もいます。
電話に出て、申込意思や希望条件等を伝えた時点で本人確認の目的は達成されていて、その後は業者都合の営業で絶対に必要なものではありません。
しつこく業者から電話がかかってくることが嫌な場合は次のように伝えるとよいでしょう。

「仕事が忙しいので、現車査定の日程相談はメールでやりたいのですが可能でしょうか?」

「家族が付き合いのある業者に売りたいと言っている中、内緒で高く買取してくれそうな業者を調べてます。なので電話でのやり取りは都合が悪いです」

多少は嘘があってもいいので、日程調整や価格交渉はメールでやりたい旨を伝えれば、ほとんどの車買取業者が応じてくれます。
それでもしつこく電話をかけてくる業者がいれば、「電話がしつこいので、お宅にはもう頼みません」と伝えましょう。

まずは一度でいいので本人確認作業を完了させるために電話に出ることが大切で、その後は自分の希望を主張しましょう。

カーセンサーなら電話不要の噂は本当?

カーセンサーの一括査定なら電話不要で利用できるといった内容のネット記事があります。
カーセンサーは電話不要ではなく、申込フォームにフリースペースがあるので、そこに「連絡は電話ではなくメールでお願いします」と書けばOKという仕組みです。

元車買取業者の僕の意見としては、高額買取できる業者であればメール希望という要望があっても、一度は必ず電話してきます。

理由は紹介している通り本人確認の目的達成するためです。
メールだけで話を進めてくれる業者は、現車査定するまではかなり低い査定価格を提示するか、そもそも高額買取に弱い業者です。
電話連絡を一切せずにメールでやり取りをすすめると、実際に出張査定や買取のアポイントを取っても、申込者がアポを守ってくれないことが多く、業者の立場だと無駄足を運ぶリスクが高くなります。

それであれば、メールで連絡してほしいという要望を無視してでも、1回電話をかけて反応を見るようにします。
そこで申込者に電話をかけたことに対して怒られた場合は、そのお客は切り捨てて、ほかのお客のために時間を割いた方が効率良いです。

ネット申込は既存顧客や紹介とはソースが違い、業者側から早期に見切りを付けられることもあります。
カーセンサーを利用して、電話NGの要望に応じる業者と話を進めても、中身のある金額提示を受けることはできないでしょう。

UCAR PACを利用

電話連絡が嫌という方は、注目の新サービスでもあるUCAR PACを利用してください。
運営本部から一度だけ電話がかかってきますが、近くのガソリンスタンド等で査定を受けたあとは一切業者から電話連絡はありません。
ガソリンスタンドや提携業者のスタッフが現車査定をしてくれるので、その後は電話なしで中身がある金額提示を受けられます。

UCAR PACのスクリーンショット画像

買取してくれる業者と直接電話で話をしていなくても、UCAR PACの電話確認と現車査定が済んでいれば、信頼できるお客だと判断されて、売却業者が決まってからの引き取り等の調整も全てメールで行うことも可能です。