改造車はオイシイ案件

改造車の売却は、カスタム費用の評価が業者によって様々です。
カスタムを評価して査定価格を大幅に上乗せしてくれる業者もあればノーマル車よりも減額査定される事もあります。

多くの買取業者は改造車をバラして現金化しています。
お金をかけた改造車を売ろうとしている方は買取業者の裏側を知る事により高値で売り抜ける知識を身につけられます。

査定業者により金額に差が出る改造車

バラの方が高額で売れる

買取した改造車は中古車市場で、そのまま販売される場合とノーマル部品に戻したり、カスタムパーツを外して車体とパーツを別々に売る方法があります。
コンプリートカーや純正部品のないエアロが付いた車両などはバラさずにそのまま売るケースが多いです。
高価なホイールやカーナビ、オーディオ、サスペンションが付いている車は、部品をバラして現金化する事が多いです。

ノーマルパーツは取っておいた方が有利

改造車を売る時は、ノーマルパーツを取っておくと査定が有利です。
ここまでは、改造車を乗っている方であれば知っている定番の知識だと思います。

ノーマルパーツが必要な理由は、販売する時にノーマルパーツも付いてくると買い手に好印象を与えられる事とノーマルに戻してカスタムパーツを売る事が容易だからです。
店頭で並んでいる中古車でノーマルパーツが多数車内に入っている中古車ってあまり見たことがないですよね?
それはほとんどのケースで、業者がパーツは単体で売って現金化しているからです。

ここで抑えておきたいポイントは、業者によってはノーマルパーツがない改造車も高価買取できる事です。
買取業者は、自社にノーマルパーツや汎用品にストックを抱えていたり、格安で調達できるネットワークがあります。
ノーマルパーツがなくても業者がカスタムパーツを外した時につける部品を用意する事で、部品と車体を別々に売って現金化しています。

つまり、業者によって改造車を高値で売りさばくノウハウが違います。
パーツのストック状況などタイミングの兼ね合いもあります。
改造車は部品の評価が業者やタイミングによって異なる事から複数の業者に査定をしてもらう必要があります。

部品転売は営業マンの小遣い稼ぎに?

買取業者のスタッフは、改造車をカスタムパーツの加点をせずに買取をして、部品を個人的にネットオークション転売してしまうケースがあります。
私は、買取専門店で勤務していた時は、多忙でそこまで細かい作業をする余裕がありませんでしたが、周囲には整備スタッフと共謀して会社に内緒でお小遣い稼ぎしているスタッフもいました。

私の経験上、買取専門店は入庫したらすぐに会社に入庫報告する社内ルールがるので従業員が個人的に不正するケースは少ないです。
ディーラーなどの販売店の方が、下取り車を入庫してから、中古車部門に引き取ってもらうまでの時間的余裕があるため、不正行為が多いです。
ディーラーであれば、悪いことはしないだろうとお客はすぐに信用してしまう事も従業員の部品転売が多い要因です。
改造車やノーマルパーツ、ナビやスタッドレス付きの車は買取業者の従業員が個人的なお小遣い稼ぎをしている業界事情を認識しておきましょう。

正しく査定評価しているか知るためにも、必ず1社だけの査定ではなく複数社から比較検討するようにしましょう。