買い替えは交渉幅も大きい

中古車ビジネスは買い替えの場合、販売と買取で2重に儲かります。
買い替えで大きな利益が出る理屈は簡単ですね。

では、その一方で何故販売を行わない買取専門店が人気を集めているのでしょうか?
販売店と買取専門店に車を売った場合の損得の話を含めて、中古車業界の仕組みを解説します。

買い替えは2重の儲け

業者が喜ぶ車を買い替えるお客

新車や中古車を買うときは、必ず下取も入れるようにアプローチされます。
それは、下取車でも利益が出るからです。
新車ディーラーや大型中古車販売店の場合、販売成績だけではなく下取付帯率もスタッフの評価基準になっています。

買い替えであれば優遇されるのか?

新しい車を買う販売店に下取を出せば彼らの利益は大きくなります。
そこで気になるのが、その分値引きや査定額で優遇を受けられるかです。
買い替えを前提に話を進めれば、少なからず交渉の余地は高くなります。

新車ディーラーの場合は、下取があればメーカーから値引き補助が出る場合もあります。
一度は販売店の下取査定も受けてみるとよいでしょう。
しかし、販売店の下取査定は、買い替えによる優遇分を含めても買取専門店の査定より安くなる場合が多いのです。

買取専門店の査定額が高い理由

買取専門店は、販売を行わず買取のみ行っています。
代替の方が儲かるのに、販売を行わない理由は次のものが挙げられます。

・販売にはコストがかかる。
・買取に特化する事で、車を高く買い取れるノウハウがある。
・買取専門の方が成約台数を伸ばせる。

同じ人数のスタッフで運営している業者であれば、販売店の販売台数よりも買取専門店の買取台数の方が多くなりやすいです。
販売の場合は、成約から納車まで時間と手間がかかりますが、買取は車と書類の受け渡しのみでお客との取引が完結します。

オプションや付属品、納車日やローンの話もないので、買取額の折り合いさえ付けばその後の流れもスムーズになります。
また販売の場合、自社の在庫や取り扱い車種に興味を持ってくれるお客しか来ませんが、買取であれば車を売ろうとしている方全てをターゲットにできます。

そのため、コストをかけずに効率的に成約台数を伸ばせるので、薄利多売で高価買取が可能になります。
買取台数が多ければ、コストをかけずに高値で転売するノウハウも自然と付いてきます。

販売業者は代替で大きな利益

販売業者は、下取り有の条件でも、販売と下取でそれぞれ独立して利益が出るような条件にしか応じていません。
買い替えの依頼をもらった場合、極論をいうと販売の利益が0円であっても下取の利益だけで成り立つ利益が出ます。

しかし、買い替えを理由にそんな好条件を出している業者はまずないでしょう。
買い替えでも、大幅な条件アップに応じない理由は次のものがあります。

・条件を優遇しても、販売台数や下取付帯率がそれほど伸びない。
・値引きや査定アップの条件を提示した後に、下取り車をよそで売ると言われた時の対応に困る。
・代替で大きな利益を上げた方が、トータルして業者側の利益が伸びる。

ガリバーは買い替えで大幅査定アップの可能性も

中古車買取最大手のガリバーは、元々買取専門チェーン店として運営していましたが、近年は全国展開のネットワークを活かして販売も行っています。
ガリバーの中古車は自社買取の中から厳選した程度が良い車が揃っていて保証も充実しています。
ガリバーは、ガリバーの中古車を購入する事を条件にすれば大幅に査定額がアップする可能性があります。

お店にいけば、全国の中古車情報を探したり、近隣店舗の在庫を取り寄せてもらう事もできます。
中古車に代替予定がある方は、一度ガリバーに相談してみてはいかがでしょうか。