事故車が最もオイシイって本当?

車買取では事故車が一番おいしく利益が出る案件です。
事故車や故障車が儲かるには次の理由があります。

1. 事故車は再販需要が大きい
2. 海外輸出向けに外人バイヤーが買う
3. 売主が「事故車だからタダ同然でも仕方がない」と諦めている

この中でも特に3番の”事故車は安い”と売却者が認識している点が儲かる理由です。
綺麗で大事に乗っていた車の場合、売却者は自分の車は価値が高いと思っているので業者の言い値でなかなか成約しません。

しかし、事故車や故障している車は業者が提示した不当に安い査定提示でも成約する割合が多いです。
ただし、事故車であればなんでも買取すれば儲かる訳ではなく、業者ごとで対応できる事故車の範囲が異なります。
車買取と事故車の関係について紹介します。

買取した事故車の再販方法

価値のある事故車・故障車

買取した事故車は次の方法で転売されます。

業者用オークションへの出品
修理して事故修復車として再販
外人バイヤー(輸出業者)や板金業者へ部品取り車として業販

業者用オークションでは事故車コーナーが設けられていて、成約率が高い人気カテゴリーになっています。
事故車はクラッシュ度合いや車種にもよりますが、国内で修理して再販する方法と海外輸出、部品取り車の3つの方法で再販されます。
当然、無事故車に比べて価値は下がりますが、消費者の方々が思っている以上に事故車は価値が高いものです。

高価買取できる事故車

次の事故車は比較的高額査定が付きやすいです。

自走できる
エンジンが無傷
側面の損傷が大きい事故車
衝突方向が一方向(正面衝突など、垂直な圧力で潰れた損傷)
高年式車および人気車種

車の価値で最も大きいのはエンジンです。次いでメインフレームや足回り、給排気系、内装などと続いています。
使えるものが多い場合や修理して使える車、部品の需要が高い人気車種は事故車でも高価値の可能性があります。

事故車の部品売り価値の一例

一例として、平成23年式日産セレナ、走行距離5万kmの事故車を部品売りした場合の業者の売上を紹介します。

エンジン:20万円
マフラー:1万円
オルターネータ、各種ファンなど小物一式:2万円
スライドドア片側(片側のみ無傷だった場合):3万円
ボンネット、パンパーなど無傷の外装のバラ売り:5万円
シート:5千円
タイヤ、ホイール:1万円
カーナビ:2万円
その他、スクラップによる資源代:3万5千円

合計:38万円

一例ですが、廃車レベルの車でもこれだけのお金に換金できる場合があります。事故車を理由に無料引き取りでまとめられた場合は全額が業者の利益になります。
5万円や10万円の査定を付けて買取したとしても、大きな利益が期待できます。
また、悪徳業者はさらにリサイクル費用や自動車税も自社の利益にしてしまいます。

事故車を高く売る方法

自走可否が重要となる事故車

事故車を高く売るには業者選びが重要です。
事故車を売る時は、まずは自走できるかを確認します。
保安部品の欠損程度であれば業者は自走して引き取ってくれますし、平凡な積載トラックでも引き取り可能です。

故障車でも、タイヤさえ回ればエンジンがかからなくても、積載トラックの牽引ロープで引き取りができるので、幅広い業者に相談する事ができます。
タイヤも回らない状態の事故車の場合は、クレーン付きの積載トラックを持っているなど事故車に強い専門店を利用しましょう。
業者選びをしっかりしないと、状態に応じて引き取り費用を請求される場合もあります。

レッカー先は売る時のことを考慮する

事故車は、事故現場でそのままレッカーを呼んで普段利用しているディーラーや整備工場に運んでもらうことが多いです。
明らかに廃車レベルの場合は、違う業者に売ることもできるような融通の利く業者を選びましょう。
事故車はレッカー先でそのまま無料引き取りや処分料を払って処分してしまうケースが多いのです。

事故車でも複数の業者で競合させる

事故車の買取は業者によって得意不得意があります。
オークション転売や部品取り車としての捌き方など、事故車の処分や転売には小ワザを駆使することが必要です。

業者によっては、高年式の事故車は強いけど、低年式の事故車には弱いなど、事故車の中でも得意分野が限定されている場合もあります。
事故車専門買取店の場合はクレーン付き積載トラックなど事故車運搬のノウハウが豊富で、引き取り料を取っていない所が多いですが、必ずしも高価査定を付けてくれるとは限りません。
事故車でも諦めずに複数の業者を比較して最高値の業者を選べば、10万円~20万円以上高く売れる場合もあります。

事故車専門のTAU

事故車専門の全国展開の大手買取専門店として、圧倒的な存在感をはなっているのがTAU(タウ)です。

事故車のもっとも高い転売方法と言われているのが海外輸出です。

TAUは世界110カ国10万社以上と取引がある大手輸出業者が手がける事故車買取サービスです。
本来は買取された事故車は、高い陸送費用をかけて、業者用オークションを通じて輸出業者の手に渡ります。

TAUは自社で買取して、そのままもっとも高く売れる国に直接輸出するので余計な中間コストがかからず、驚きの高価買取を実現しています。
また、事故車を専門にするノウハウから、鈑金修理や保険会社との示談交渉がまとまるまでの、保管、無料引き取りなど買取以外も充実のサポート体制を用意しています。

修理か買い替えか迷っている方も、一度TAUに相談してみるとよいでしょう。
事故車の売却は複数社比較することが大切ですが、そのうちの1社には必ずTAU(タウ)をおさえておきましょう。