事故車はカーネクストの得意分野

のスクリーンショット画像

カーネクストは事故車や廃車に強いネット申込限定の車買取業者です。
一括見積サービスではないですが、実際の買取や廃車処分は提携業者が対応しています。
事故車や不動車など、どんな車でも最低0円以上の買取保証。さらに最大3万円キャッシュバックとキャンペーンも随時行っています。

基本的には事故車・廃車専門

カーネクストはWEBフォームから申込をすると、メールや電話で査定結果を受け取る事ができます。
廃車の場合は状態ではなく車種ごとで価値が算出できるためです。
さらに厳密にいうと廃車の価値は車の重量によって鉄としての資源の価値で現金化が可能になっています。

再販できるような車の査定依頼もできますが、廃車以外は提携業者を紹介される流れになって、個別に業者との交渉になります。
カーネクストの提携業者は廃車や事故車が得意な業者や解体業者が多いため、商品車の買取には弱いです。

カーネクストの仕組み

車の解体処分には許認可を取得した解体業者しか行えない決まりになっています。
廃車引き取りや買取を引き受けているディーラーや買取店は、基本的に解体を自社でできないので、提携している解体屋に車の処分を依頼することになります。
車の解体処分費用は自動車リサイクル法で車を購入する時に購入者が前払いで納付しています。(リサイクル券が発行されます)
一部で廃車に処分料を徴収している悪徳業者がいますが、車の廃車は解体にかかる手間賃は納付済みなので処分する際は本来費用がかからない仕組みになっています。

処分料を徴収している業者は、引き取りや抹消登録の事務手続きにかかる費用を処分料の名目にしています。
それではカーネクストをはじめ優良業者はなぜ廃車の無料引き取りや買取が可能かというと、車は鉄としての資源やリサイクル部品や輸出としての再販価値があるからです。

解体業者に廃車を受け渡す販売店や買取店は、解体屋に車種に応じて3~6万円ほどで廃車を売却しています。
また、廃車になるような車種でも発展途上国への輸出を目的に外人バイヤーや貿易会社が購入するケースもあります。

引き取りや処分料は廃車の売却価格で賄う事ができ、さらに一部を売却者に還元しても業者は採算があう仕組みになっています。
カーネクストは買取業者だけではなく、解体業者や輸出業者に対しても直接強いパイプを持っています。

買取店が一度車を引き上げて、そこから解体業者が業者に引き取りに行く2重の手間を解体業者からダイレクトに対応することで、他社よりも良い条件で事故車や廃車の買取処分を可能にしています。
解体業者はチェーン展開している大手はほとんどなく、基本的に地域密着の小規模業者しかありません。
そのためカーネクストを利用しても地域によって紹介される業者ごとで、買取価格の条件が変わる場合もあります。

自分で直接解体業者に交渉

廃車をもっとも高く売る方法は、解体業者に直接車を持ち込む事です。
一切中間マージンが発生しないので、理論上はカーネクストを通すよりも高く売れる可能性があります。
ただし、解体屋は個人を相手にしない所が多く、直接持ち込んでも足元を見られて悪い条件を提示したり、抹消登録を自分で行うように指示される場合があります。

解体業者は私も取引が多数ありましたが、普段接客や営業をしないので、クセがある社長の個人経営業者が多かったです。
交渉力に自信がある方は、直接解体業者に相談する方法も試してみてはいかがでしょうか。
一方、カーネクストは誰でも、業者同士の取引価格から最低限の手数料を差し引いた好条件で廃車処分をできるメリットがあります。

時間が無い方や交渉に自信がない場合は、カーネクストに相談するのがもっとも無難だと言えます。

どんな車でも引き取り可能

カーネクストは解体業者や事故車、廃車買取に強い業者と多数提携しています。
提携業者は全て、クレーン付きの積載トラックを持っているので、タイヤが動かないような事故車やエンジンが掛からない不動車でも無料引き取りに応じてくれます。
また、自分で紹介される業者の拠点まで車を持ち込める場合はQUOカード3千円分がプレゼントになる特典が付きます。
販売店や商品車の買取に強い業者に相談すると、事故車・不動車の場合引き取り料を取られる場合があるので注意しましょう。

カーネクストのまとめ

廃車、事故車、不動車の買取専門業者

カーネクストは運営のみで、実際の取引は提携業者になる事が多い

提携業者は解体屋や輸出業者など廃車を直接処分している業者が多いため、中間コストがかからない

カーネクストを利用すると引き取り料や抹消登録料が不要で最低でも0円以上で買取に応じてくれる

廃車する車の重量が重たい場合や、海外輸出に人気の車種は高価買取が期待できる

廃車、事故車専門のため再販可能な商品車の買取には弱い

直接解体屋に持ち込むより好条件になる事が多い

廃車や事故車で処分料を徴収する所は悪徳業者