売却時に必要な名義変更

車を売却する時には印鑑証明をはじめ、名義変更に必要な書類を提出しなければいけません。
乗用車or軽自動車・ローン残高有無・引越し履歴などによって必要書類は変わってきます。

また買取業者が簡単に取得代行できる書類と、売却者本人でないと取得が難しい書類があります。
このページでは、これから車を売る人のために必要書類を分かりやすくシンプルに解説していきます。

売却時の必要書類

車売却に必要な印鑑証明と実印

車を買取業者やディーラーに売る場合に揃える必要書類のポイントは次のとおりです。

普通車は印鑑証明実印が必要(軽自動車は不要)
車検証の住所と現住所が違う場合は住民票戸籍謄本の附票が必要

このほか、ローン残高が残っていて所有権留保が付いている場合は信販会社に書類を取り寄せる手間などがありますが、これは売却先が業者であれば手続き代行してくれます。
普通車であれば印鑑証明と実印・認印を用意。軽自動車であれば認印さえあれば、あとは業者の案内で簡単に必要書類を揃える事ができます。

普通車の必要書類

印鑑証明(発行から3ヶ月以内)
委任状(実印の捺印が必要)
譲渡証(実印の捺印が必要)
納税証明書(県税事務所で再発行可能)

委任状・譲渡証については買取業者が必ずストックを持っています。
指示に従って名義人の署名と捺印(実印)を行います。
査定や商談時に印鑑証明を用意しておく必要はありません。
成約した場合は後日業者の営業スタッフが自宅まで、書類を回収しに来てくれるか郵送で対応します。

軽自動車の必要書類

申請依頼書(認印の捺印)
譲渡証(認印の捺印)
住民票
納税証明書(市区町村の役場で再発行可能)

軽自動車は印鑑証明が不要で申請依頼書と譲渡証に認印を捺印すれば、あとは業者が全て名義変更書類を作ってくれます。
印鑑証明の代わりに住民票が必要です。基本的に本人が取得するのが望ましいですが、簡単な委任状を作り認印を捺印すれば業者が取得代行をしてくれます。

極論を言うと、軽自動車は車検証とナンバープレートさえあれば、あとは100円均一で買った名義人の認印ひとつで名義変更や抹消登録をすることができます。

売却が決まった時は業者の契約書にサインと拇印を押して、あとは業者が全部書類揃えて名義変更しておきます。といった事もよくあります。
ただし、名義人が法人の場合は軽自動車であっても印鑑証明と実印が必要になります。

引越しで車検証住所と違う場合

引っ越しをした場合の必要書類

引越しをした回数が車購入時から1回の場合は住民票、2回以上は戸籍謄本の附票が必要になります。
考え方としては、公的書類で車検証の住所と現在の住所の繋がりを証明する事が求められます。

住民票を取ると前住所が記載されるので、現在の住民票を取って前住所が車検証の住所と一致していれば問題ありません。
2回以上住所が変わっていると、住民票の前住所と車検証の住所も違ってくるので、過去の履歴が全て印字される戸籍謄本の附票が必要です。
戸籍謄本でも委任状さえあれば業者が代理取得できますが、戸籍関係の書類は売却者やその家族自身が取得することを希望されるケースが多いです。
特に抵抗がなく、取りに行くのが面倒に感じたら業者に取得代行をお願いしましょう。

業者に売るなら丸投げでOK

買取業者に車を売る時は難しく考えず、全て業者に任せて指示に従いましょう。
新しい車の購入が決まっていたり、所有権解除手続きが必要だと印鑑証明を2通取るように案内される事もあります。
書類を揃えるのは商談成立して業者の案内を待ってからで問題ありません。

一方、個人売買等で車を売る時はそうもいかないので、当事者同士で書類を全て揃えて、ローンの所有権留保がある場合は、自分で信販会社に問い合わせをする手間も出てきます。
個人売買で他人に車を売る場合は印鑑証明も預ける必要が出てきて、訂正印も実印を求められるので失敗はできません。
必要書類の考え方や意識は売却先によって変える必要があります。